Dの書

日々思ったことを書いていく雑記ブログ。

現在のライフスタイルpart2~「筋トレ編」~

 

f:id:daidayou:20170914135306j:plain

 

みなさんこんにちは。

 

今日は「ライフスタイルpart2~筋トレ編~」ということで、現在ぼくが週3でおこなっている筋トレについてまとめていきたいと思います。

興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

さて。まず、ぼくが週3でおこなっている筋トレのメニューは以下の通りです。

 

  ~筋トレメニュー~

  • ディップス(15回×5)
  • 大胸筋バー(15回×3)
  • 腹筋クランチ(30回×5)
  • 背筋(30回×3)
  • 懸垂(15回×3)
  • ダンベル上げ(15回×3)
  • 握力(20回×3)

 

・・・という感じで、このメニューのあとにランニングを30分間していて、筋トレとランニングを合わせると大体1時間半ぐらいの時間がかかっていますね。

ちなみにランニングするときはマスクをつけて走り心肺機能の向上を図っています。

 

部屋にはアマゾンで買った「懸垂器具」などもあり、一通り全身を鍛えることができる筋トレグッズがあるので、ジムと変わらないぐらいのクオリティと効率で体を鍛えることができています。

 

■アマゾンで買った懸垂器具

f:id:daidayou:20170912175357j:plain

 

■大胸筋バー・ダンベル・握力

f:id:daidayou:20170912175431j:plain

 

なぜそんなに体を鍛えているのかというと、単純に体を動かすのが好きということや、ドラゴンボールが好きということもありますが、いちばんはやはり来年のバックパッカーとしての世界放浪に向けての体づくりです。

 

バックパッカーとしての移動としては基本的には徒歩を考えていて、ほかにも世界遺産を巡ったり、一つ一つの街を隅々まで見て回りたいという気持ちがあります。

 

そのためにはやはり並大抵の体力ではなかなか満足のいく旅にはならないのではないかと思っているのです。放浪するにはお金や知識なども確かに必要かもしれませんが、いちばん頼りになって必要になってくるのは自分の体なのではないかとも思っています。

 

「どんな時でも動ける体」

「大抵のことではバテない体」

 

すべてはその体づくりのために日々トレーニングしているわけです。

 

毎日トレーニングしないのも、しっかりと休養をはさんでトレーニングの効果を最大限発揮させるためです。本当ならば毎日やりたいんですけどね。

 

ガッツリと鍛えてしっかり休む。

 

これを実践している現在、体がどんどん成長しているのも実感できますし、本当に毎日絶好調です。

 

ちなみに、筋肉をつけるにはしっかりと1日3食栄養を摂らないと効果が出ない。といわれていますが、個人的にはプロテインしっかり飲んでいますし、1日1食でも問題なく筋肉はついていっています。

 

f:id:daidayou:20170912175627j:plain

 

ただ、クリスティアーノ・ロナウドのような体を目指しているのであれば、鶏ムネなどの良質なタンパク質を摂る事を心がけたりなどの必要はあると思うので、自分が目指している体によって食生活は変えていったほうがいいと思います。

 

ぼくは「無駄な一切ムダな脂肪がない体」を目指しているので、1日1食という食生活で十分にその体に近づくことができています。

 

筋トレを継続させることはなかなか難しいといわれていますが、確固たる信念や目標を持っていればなんてことはありません。

 

現に、ぼくは「めんどくさい」や「やりたくない」といった感情を抱くことなく、自分から進んで筋トレをしています。夜が待ち遠しいぐらいです。

 

ちなみに、なぜ夜の20時半から筋トレするのかというと、基本的に1日1食なので、筋トレのパフォーマンスをいちばん発揮できる「食後1時間半後」というタイミングでのトレーニングがこの時間しかないのです。

 

何回か、早朝や夕方のトレーニングもやってみましたが、やはり身体的にもいちばんパフォーマンスが良かったのが夕食後の1時間半後でした。

 

この筋トレのメニューやライフスタイルは、ぼくが実体験を元に書いているものなので、ほかの方には合わないこともあると思いますが、少しでも誰かの参考になればと思いこの記事を書いています。

 

それでは今日はこのへんで。